最近の記事

2013年06月29日

富士山頂「トイレ使えません」 7月5日まで




富士山頂「トイレ使えません」 7月5日まで


 7月1日の山開きを控えた富士山で、山頂のトイレの問題が浮上している。


ちっ(怒った顔) 決定 ちっ(怒った顔)

携帯トイレ



県内の登山口は7年ぶりに開山日の登頂が可能となったが、山頂の公衆トイレは5日まで利用できない。世界文化遺産登録で登山者の増加が予想される中、


県は山頂近くの山小屋で早めにトイレを済ませることを促し


携帯トイレの持参も呼び掛けている。

ちっ(怒った顔) 決定 ちっ(怒った顔)

携帯トイレ







 県観光政策課によると、山頂には、環境省が管理するトイレと、山小屋などのトイレが計2カ所ある。


環境省のトイレは6日、山小屋のトイレは10日に運用が開始される見込み。


いずれも開設時期は例年通りだが、今年は、県内の登山道の開通が予想より早まったことから、山開きから5日間のトイレ利用について対応が求められることになった。


 トイレ開設の前倒しは、使用する水などを運び上げるブルドーザーの運搬ルートに雪が残るため、通行できず、難しいという。




携帯トイレ




 一方、山梨県側の吉田ルートは例年、1日に山頂まで通行規制が解除される。山小屋の関係者の一人は「毎年、山開きの直後には山頂のトイレ周辺に用を足すケースが相当ある」と実情を語る。



 静岡県側では、開山日から須走口と御殿場口の2ルートで山頂まで行くことができる。山頂に最も近い山小屋のトイレは、御殿場が7合9勺(しゃく)目の赤岩八合館、須走が8合5勺の御来光館。


頂までの往復時間の目安は、それぞれ2時間前後とされている。県は、須走口5合目と御殿場口新5合目などに山頂のトイレが利用できないことを知らせる看板を設置する。


 県観光政策課の担当者は「富士山に限らず山を汚さないことは登山者のマナー。


万一に備え、携帯トイレの持参も勧めたい」と協力を求める。
.


ちっ(怒った顔) 決定 ちっ(怒った顔)

携帯トイレ


静岡新聞社
@S[アットエス] 6月29日(土)7時38分配信











posted by イイナ68 at 18:30| Comment(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。