最近の記事

2013年08月13日

「半沢直樹」メガヒットの裏側



いやーーー面白い!
日曜日の夜が・・・待ち遠しい




監督も想定外! 
「半沢直樹」メガヒットの裏側



 だから、「半沢直樹」は、最後は自分が面白いと思うものを作るしかないと思ったわけ。それしかないと。だから、今は2カ月、家に帰らずに撮影と編集をしています(笑)。


 最初から“常識外れ”のドラマだったから、原作を書いた池井戸潤先生との最初の打ち合わせのときも「一生懸命作りますけど、たぶん当たらないですよ」と言っていたくらいです(笑)。


ただ、僕はこのドラマを通して、半沢直樹という人間の生き方や面白さを描きたかった。半沢の人生はテレビにいちばん合っている「成り上がり」の物語。自分たちで本当に面白いと思った原作だったので、

まだ書かれていない「半沢が頭取になるまで僕にやらせてください」と池井戸先生にお願いもしました(笑)。



■ 高視聴率の2つの要因

 ――なぜ、視聴率が取れたと思っていますか。

 それは2つあります。ひとつは、原作の面白さです。もうひとつは半沢直樹を演じる堺雅人さんの演技です。これらがいい形で化学反応を起こしたのだと思います。



 僕は池井戸先生の本を、直木賞を受賞した『下町ロケット』や吉川英治文学新人賞を受賞した『鉄の骨』などを含め、デビュー作からすべて読みました。ただ実は最後までこのドラマの原作である『オレたちバブル入行組』や『オレたち花のバブル組』は読めなかった。バブル入社の話で「昔はよかったぜ」という話ではないか、と勝手に思い込んでいて、あまりいいイメージがなかった。でも、実際に読んでみると、このシリーズがいちばん面白い(笑)。

 とにかく余計な話を入れずに、ストレートに話がどんどん進んでいく。この作品に、昔の日本映画が持っていた「パワー」を感じたのです。だから、


僕は今回のドラマ化にあたって、

黒澤明監督の映画『用心棒』(1961年公開)のような作品にしたかったのです。僕の中では、「半沢直樹」は「現代版用心棒」です。



黒澤明監督の映画




 『用心棒』はテーマがなくて、とにかく「活劇」。用心棒が村にやってきて、一見して悪者がわかる村人に対し、はちゃめちゃやって、物事に片をつけて去って行く。この作品が面白くて、何回も見ながら、こういうドラマにしたいと。だから、ドラマを豪華に見せようとか、恋愛を入れようとか家族愛を描こうといった、サイドストーリーを入れることはせず、原作のように次々とテンポよく話が進むようにしました。

東洋経済オンライン 8月12日(月)8時0分配信



わーい(嬉しい顔) わーい(嬉しい顔) わーい(嬉しい顔)

半沢直樹








posted by イイナ68 at 07:40| Comment(0) | TVドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月06日

「あまちゃん」絶好調 視聴率過去最高の22・8%




あまちゃん」絶好調 視聴率過去最高の22・8%





最高視聴率を更新した「あまちゃん」に主演する能年玲奈







 NHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」(月〜土曜、前8・00)の、8月2日放送分(第104話)の視聴率が、関東地区で今年4月の放送開始以来最高となる22・8%を記録したことが5日、ビデオリサーチの調べで分かった。


あまちゃん




 これまでの同ドラマの最高は6月29日の22・6%だった。


 視聴率好調の「あまちゃん」は、今月1日にクランクアップを迎え、ヒロイン・天野アキ役の女優・能年玲奈が会見で「『あまちゃん2』のクランクインしたい」と続編制作を熱望していた。その翌日の2日に、最高視聴率を更新した格好。



 物語は今週、第19週に入り、9月28日の最終回に向けて徐々に佳境に入ってゆく。



 今週は、アキ(能年玲奈)を売り出すために春子(小泉今日子)が芸能事務所を設立し、そこに水口(松田龍平)がアキのマネジャーとして雇われることに…というストーリーが展開される。


 また関西地区でも2日の視聴率は、同地区で放送開始以来最高の19・3%だった。


デイリースポーツ 8月5日(月)15時22分配信











posted by イイナ68 at 07:18| Comment(0) | TVドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月27日

仮面ライダーシリーズ最新作『仮面ライダーウィザード』



 9月2日スタートの仮面ライダーシリーズ最新作

『仮面ライダーウィザード』

(毎週日曜 前8:00〜8:30 テレビ朝日系)


るんるんるんるんるんるん

仮面ライダーの全てガココに!




制作発表会見が都内で行われ27日、主演の白石隼也らキャストが出席した。平成仮面ライダー14作目となる今回は、魔法を駆使し悪と戦うシリーズ初の“魔法使いライダー”が登場。仮面ライダーウィザードに変身する主人公・操真晴人役の白石は「このキャストやスタッフだからこそできる新しい仮面ライダーをつくっていけたら。皆さんから深く長く愛される作品にしたい」と使命感をにじませた。(オリコン)










posted by イイナ68 at 17:36| Comment(0) | TVドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。